自閉症スペクトラムは人の気持ちが分からない

人の気持ちが分からないと言われる自閉症スペクトラム

自閉症スペクトラム人の気持ちが分からないとよく言われますが、実際は自閉症スペクトラム的に理解しています。しかしこの人の気持ちに対する理解度が定型発達よりもずっと少ないから、分かっていないように見えてしまうのでしょう。
自閉症スペクトラムは人の気持ちが分からない 
相手に対して疲れきってしまうほど理解しようとしているのですが・・・それがなかなか受け入れてもらえないのです。

アスペルガーが考える対人関係

アスペルガー症候群の人も普通の人と同じように人間関係を円滑に進めたいと考えています。

 

だから一生懸命話を聞き、自分なりに理解をしようと努力しています。

 

一般的には全く相手の気持ちを考えないかのように言われる事もありますが、これは間違い。

 

相手が喜んでいるか?嫌がっているか?を考えながら話しているのですが、どうしても言葉だけで受け止めてしまうので本音が見えない事があるのです。

 

 

本音と建て前が違うと分かりにくい

 

  • 美味しいと言ったから美味しいんだ
  • 苦手と言ったから苦手なんだ

 

しかし実際は美味しくなくても美味しいと言ったり、好きなのに苦手と言ったりするんですよね。

 

この、言葉と本音が違う時アスペルガーは見抜く事が出来ないため、考えを理解出来ないと思われてしまうのです。

相手の気持ちを考えた会話も出来る

ASだから相手の事を考えられない・・・

 

これも良く言われる言葉なのですが、実際は違います。

 

例えば、友達の家に遊びに行き晩御飯を作ってもらったとします。しかしその晩御飯は嫌いな物だったとしても決して嫌いだとは言わず

 

美味しかったです

 

という言葉を言う事が出来るのです。

 

折角作ってもらったという事や、まずいと言うと相手が傷つくかもしれない、、、

 

そう思うから健常者の人と同じように、ちゃんとした受け答えが出来るのです。

自閉症スペクトラムが分からない相手の気持ち

ASの人が分からないのは、単なる会話の中が一番多いのではないでしょうか。

 

特に気遣いのいらない友達や彼や彼女と言った相手であればなお更だと思うのですが、意識せずに話していると思った事がそのまま口から出てしまうのです。

 

発達障害だと診断された私は、検査結果の説明の時

 

物事の背景を見る事が苦手なので気を付けましょう

 

と言われました。

 

この物事の背景とは、色々な物を見るという意味なのだそう。

 

靴を買いに行くなら靴だけを買うのではなく、それに合った鞄やコートも考えられるようにするという事なのですが、確かにこれはかなり苦手な部分です。

 

 

人と話をする時に見ている部分

 

健常者の人は会話の最中、言葉だけではなく相手の目線や態度などを当たり前のように見ています。

 

しかし発達障害の人は目線や態度を一切考えず言葉だけで全てを理解したつもりになってしまうのです。

 

問題を起こした時に相手に誤ると「気にしなくていいよ」と言われれば言葉通り気にしなくなります。

 

その時の顔が怒っていたとしても言葉を重要視してしまうのですが、これが発達障害の出来ない部分なのでしょう。

 

人の気持ちが分からないと言われる自閉症スペクトラムですが、分かる事と分からない事、実はどちらもあるのです。


スポンサードリンク



アスペルガーはセロトニンを増やそう

当サイトおすすめ!



関連ページ

隠れアスペルガーな自閉症スペクトラムに気付かない大人
隠れアスペルガーという言葉を最近耳にする事が増えましたが、自閉症スペクトラムだと知らずに過ごしている隠れアスペルガーの大人は沢山いるのではないでしょうか。この障害は自分ではなかなか気づきにくいのですが、もし可能性を知ったとしても受け入れない頑固さがあるものアスペルガーの特徴なのです。
自閉症スペクトラムでチック症がある人は多い
自閉症スペクトラムの人でチック症(トゥレット障害)を合わせて持っている人は少なくないのだそう。私もアスペルガーでチックを持っているので納得なのですが、なかなか自分で抑えられないのが問題なのです。小さなストレス1つでも抱えると酷くなる傾向があるのですが、単なる癖とは言えない問題があるのです。
自閉症スペクトラムと診断された大人の女性のブログ
私は大人になって自閉症スペクトラムと診断された女性です。何も知らずに大人になりある日突然の診断結果に驚きました。苦手な事、出来ない事、悩んでいる事など、アスペルガー当事者の考え方やものの見方、強いこだわりなど、発達障害と言われる様々な特徴を自分を確認しながら書いているブログです。
自閉症スペクトラムの人に向いている習い事
自閉症スペクトラムの人も何か自分に向いている習い事がないかと探しているんですよね。色々と挑戦してはみたもののなかなか続かない、そんな経験が多いのではないでしょうか。アスペルガーの私も同じだったのですが自分の好きな事が分かると続けられる習い事が見つかったのです。あなたの好きな事は何ですか?
大人でも何度も同じ事を聞くのは自閉症スペクトラムの特徴
大人なのに何度も同じ事を聞く人は自閉症スペクトラムの可能性があります。これはアスペルガーの特徴でもあるのですが、相手が話している事を理解しようと努力するのですがなかなか頭に入らない事が原因。しかしアスペルガーを知らない人からすると非常に面倒でヤル気が見えないと言われる事もあるのです。
自閉症スペクトラムの人の思考回路はかなり単純
自閉症スペクトラムの人はよく何を考えているか分からないと言われるのですが、それ程物事を複雑に考える事は苦手なのかもしれません。素直に思っている事を告げても信じてもらえず他に意図があると思われるのですが、自閉症スペクトラムは誰もが思っているほど複雑に物事を考えていないのです。
聞こえない音が聞こえる自閉症スペクトラムの聴覚過敏
自閉症スペクトラムの人は五感が過敏な場合があるのですが、その一つの聴覚過敏が原因で聞こえない音が聞こえてしまう事があります。また街中の雑踏や人混みが苦手で、外に出るだけで心身ともに消耗してしまう事もあり、外出する事が苦手になってしまう場合もあります。
自閉症スペクトラムのあるあるな女性の特徴
自閉症スペクトラムだから分かるというあるある話は沢山あります。定型発達の人からすると変だと思う部分かもしれませんが、アスペルガー症候群の人からすると当たり前のような事。感覚の違いが色々な部分であるのですが、実は当事者はそんな事に気づいていないのです。