自閉症スペクトラムの大人が道を覚えるのが苦手

自閉症スペクトラムと方向音痴

自閉症スペクトラムの私は昔から何せ道を覚えるのが苦手でした。繁華街にいってもどこを曲がって良いか分からない、初めてのところでは迷う。これは自閉症スペクトラムでなくても女性なら多いと思うのですが、方向音痴で道が分からないのです。

自閉症スペクトラムは方向音痴 

未だに何十回と行っている場所ですら分からないのですから、よほど道が覚えられないのでしょう。

アスペルガーなのか単なる方向音痴なのか

アスペルガーは非常に強いこだわりを持つのですが、これは通勤やプライベートで普段から使う道に対しても持っています。

 

  • いつも通る道
  • いつも帰る道

 

これが決まっていて、これを変える事は容易ではありません。

 

新しい道が出来てもいつもの道しか通らず、そのため寄り道する事も殆どと言って良いほど皆無。

 

決まりやこだわりを変える事が出来ないのはアスペルガーの特徴なのですが、そんなこだわりがあるから余計に道を覚えられないでいるのかもしれません。

 

定型発達の人で一度通れば覚える人がいますが、どのようにすれば出来るのか?疑問です。

ルートを考える基点はいつもの場所

例えばどこか新しい場所に行く場合、どのように目的地に行くかを考えますよね?

 

きっと過去に通った事のある幾つものポイントから最短ルートを選ぶのだと思いますが、アスペの私はそのポイントが大抵1つしかありません。

 

大きなターミナルになっている駅には沢山の出口や通り道がありますが、出る場所は昔から通っている1箇所のみ。

 

そこから目的地に向かうルートも沢山あるのですが、遠回りしてでも過去から使っている行きかたしか選択肢が無いのです。

 

「こっちから行くと近いよ」

 

と言われても、普段使わないからか通るのが嫌。結局知っている方法で目的地に向かうからどこに行くのも普通以上に時間がかかってしまうのです。

道に迷うのが当たり前の自閉症スペクトラム

子供の頃から迷うのが当たり前だったからか、多分ASDの人は

 

そのうちに到着するから

 

と思っている人も多いのではないでしょうか。

 

しかし今はグーグルマップという便利なアプリもあり迷う事は減りました。その分、マップ頼りで結局道を覚えられずにいるのですが・・・

 

 

空間認識能力が低い

 

発達障害の人は空間認識能力が低いと言われています。

 

空間認識の能力とは、物の大きさや形などを認識する能力なのですが、これが難しいため道や建物を把握する事ができないのでしょう。

 

道を覚えるって結構アスペな人にはハードルが高いものなのです。

 

方向音痴で自閉症スペクトラムなら、きっとこだわりなんかも合わさって余計に道を覚えられないでいるのかもしれませんね。


スポンサードリンク



アスペルガーはセロトニンを増やそう

当サイトおすすめ!



関連ページ

自閉症スペクトラムは国語が苦手で算数が得意な理由
自閉症スペクトラムは国語が苦手で算数が得意な人が多いよう。物事の背景を読む事が苦手な自閉症スペクトラムな人にとって文章の意味を理解する事が難しく感じてしまうからなのでしょう。明確な答えの出やすい算数や数学は背景を読む必要がないからか、得意だという人が多いのは障害の特徴なのです。
自閉症スペクトラムがストレスを感じやすいのは仕方がない
自閉症スペクトラムの人がストレスを感じやすいのは脳の機能障害が原因なのですが、ある意味仕方がない事なのだそう。特に現代社会は誰もがストレスと戦っているのですが、そう考えるとアスペルガーは昔も今も変わりなくストレスを溜めてきたのかもしれません。ストレスを感じやすいシチュエーションを考えてみました。
冷たいと言われる自閉症スペクトラムはどこが問題?
自閉症スペクトラムの人は冷たいと言われる事が大いのですが、実は自分が冷たいなどとは思っていない自閉症スペクトラム。自分なりには優しさを持って接しているのですが、それがどうも違う意味で捉えられてしまうからか上手く伝わっていないのでしょう。そんな冷たいアスペルガーの考え方です。