自閉症スペクトラムはセロトニン不足

自閉症スペクトラムとセロトニンの関係

自閉症スペクトラムは脳内物質と呼ばれるセロトニンが不足している事が多く、そのため些細な事でもストレスを溜めてしまいやすいですよね。自閉症スペクトラムは脳の機能性障害なのですが、セロトニンを上手く作り出せないでいるのでしょう。

セロトニン不足の自閉症スぺクトラム 

そんな時にはサプリで増やしたり補ったりする事はとてもおすすめなんですよ!

セロトニンを増やすサプリ

不眠うつ病パニック障害などの精神的メンタル的な問題はセロトニン不足が関係しているのだそう。

 

アスペルガー症候群は普段から欠乏している人が多いからか、二次的障害としてこれらの精神疾患を患いやすいのかもしれません。

 

私もアスペルガーだとは知らなかった頃から数々の心の病にかかってきたのですが、少しでも楽になりたい気持ちで様々なサプリを試してきました。

 

その頃から薬も処方されており、減薬もしたかったのです。

 

私がいつも選ぶ基準は

 

  • 天然成分
  • 続けやすい

 

ことを重要視しています。

 

毎日飲む物だからやはり自然素材を使っていて欲しいし、続かなければ意味もないので・・・

 

ただ、これらはあくまでも栄養補助のため。薬ではないので即効性は期待出来ませんが、それでも私は変化を感じる事が出来たのです。

アスペルガーが治る訳ではない

いくら変化を感じたからと言ってアスペが治る訳ではありません。

 

アスペではなく、精神的な辛さや体調不良に変化があるという事。

 

だから飲み始めて結構な期間が経ちますが、残念ながらASの部分は全く変化無しです(笑)

 

  • 不眠改善
  • 休息できる
  • イライラが治まる

 

などと書かれているなら、セロトニンを作り出す成分のトリプトファンやビタミンB6は入っていると思うので、販売されているものであれば、どれを選んでも若干の変化は感じるのではないでしょうか。

 

私もそれなりに悪くないな!と思っていたのですが、ある時試したものが段違いで自分にあっていたのです。

サプリを飲んで変化を感じた事

まず最初は背中の痛みからでした。姿勢が悪いのとパソコンやスマホを長時間使うからか常に右側の背中全体(特に肩甲骨から肩や首筋にかけて)が痛くなくなってきたのです。

 

次に感じたのは朝起きた時から体が楽。起き上がれない程ではなかったのですが、朝からダルイといった体調。これが飲み始めて3日後あたりから軽くなり始めたのでした。

 

そこから体が軽くなり始め、あれだけダルかったのがかなり変わりました。

 

また私はストレスから喉に違和感を感じるヒステリー球があったのですが、一週間ほどでこれも感じなくなってしまったのです。

 

このヒステリー球は喉だけではなくみぞおちあたりにも感じるそうで、何もないのに何かが詰まっているという感じがします。感じ方は人それぞれですが、大きい人だとラグビーボールくらいの大きさだとか。

 

このような変化を感じる事が出来るサプリと巡り会う事が出来たのは、きっと色々と試しに試してきたからなのでしょう。

 

もし自閉症スペクトラムで私と同じようにストレスが原因の精神的な悩みを抱えていたり、発達障害の家族の事でストレスを感じているなら試してみると良いですよ!

 

サプリについてはこちらで詳しく書いているので、参考にしてみてくださいね!!


スポンサードリンク



アスペルガーはセロトニンを増やそう

当サイトおすすめ!



関連ページ

自閉症スペクトラムは国語が苦手で算数が得意な理由
自閉症スペクトラムは国語が苦手で算数が得意な人が多いよう。物事の背景を読む事が苦手な自閉症スペクトラムな人にとって文章の意味を理解する事が難しく感じてしまうからなのでしょう。明確な答えの出やすい算数や数学は背景を読む必要がないからか、得意だという人が多いのは障害の特徴なのです。
自閉症スペクトラムがストレスを感じやすいのは仕方がない
自閉症スペクトラムの人がストレスを感じやすいのは脳の機能障害が原因なのですが、ある意味仕方がない事なのだそう。特に現代社会は誰もがストレスと戦っているのですが、そう考えるとアスペルガーは昔も今も変わりなくストレスを溜めてきたのかもしれません。ストレスを感じやすいシチュエーションを考えてみました。
自閉症スペクトラムは方向音痴で道を覚えられない
自閉症スペクトラムの人は方向音痴でなかなか道を覚える事が出来ないのですが、どこに行っても迷ってしまうのはアスペルガーの特徴の一つ。だからか、決まった道しか通らないのです。これは自閉症スペクトラムの特徴と言われるこだわりでもあるのですが道が分からない事も原因になっているのでしょう。
冷たいと言われる自閉症スペクトラムはどこが問題?
自閉症スペクトラムの人は冷たいと言われる事が大いのですが、実は自分が冷たいなどとは思っていない自閉症スペクトラム。自分なりには優しさを持って接しているのですが、それがどうも違う意味で捉えられてしまうからか上手く伝わっていないのでしょう。そんな冷たいアスペルガーの考え方です。
思い込みが激しい自閉症スペクトラムとの付き合い
自閉症スペクトラムの人は思い込みが激しく人の意見を一切聞き入れない事が多いのですが、そんな自閉症スペクトラムに辟易しているんですよね。言い出したら聞かない、話しを聞いてもくれない、どうすれば良いかお手上げ状態なのに接しなければならない状態は辛いもの。この思い込みはどうすれば改善するのでしょう。