自閉症スペクトラムの大人は自分を客観視出来ない

客観視出来ない自閉症スペクトラム

客観視する事が苦手自閉症スペクトラムの人は、自分で自分を判断する事が難しいのです。しかし客観視は社会に出ると必要な事、例え自閉症スペクトラムでも少しずつ改善しなければなりません。

客観視出来ない自閉症スペクトラム 

出来ない、難しい、分からない・・・そんな苦手を克服する方法を考えてみたいと思います。

アスペルガーでも周囲の協力があれば客観視できる

アスペルガー症候群の私も自分を客観的に見る事が非常に苦手です。

 

言われてもそれが何故問題なのか?が分からないのですが、まずは定型発達の人や一般的な考え方を知る必要があるのでしょう。

 

自分を主体に物事を考え行動に移してしまう

 

そんな事がほとんどなのですが、その行動が間違っている訳がないという考え方がかなり強く出てしまうのです。

 

しかし周囲は私を客観的に見て意見してくれるのですが今度は

 

自分が間違っている訳がない

 

とばかりに聞く耳を持ちません。

 

そのため、アスペは頑固とかアスペは人の事を考えないと言われてしまうのです。

人間関係がうまく行かないのも影響している

決してASの人は人と付き合いたくないと思っている訳ではありません。

 

単にあまり人に対して興味がないだけで、仲良くなれる人がいるなら受け入れようとしています。

 

しかし人間関係がうまく行きにくいASなので、結果的には友達と呼べる人がかなり少ないという場合が多いのでしょう。

 

  • 相手の話に合わせているつもり
  • 相手の事を考えているつもり
  • 相手が喜ぶと思い込んでしまう

 

人間関係においては会話はかなり特徴があると思うのですが、自分の話ばかりで進めてしまいますよね?

 

もしここで自分を冷静に見る事が出来れば

 

自分だけが話している

 

という事にも気づけるのですが、あれこれ考える事が苦手だからか話す事ばかりに意識が行くので周囲への配慮が出来なくなってしまうのです。

 

未だにですが、夫に

 

「一人で話し続けてたよ」

 

と言われる事があるのですが、

 

「どこらへんが?」

 

と言ったように、自分では相手に合わせているつもりで話しているのですがやはり自分勝手に会話を進めてしまっているのです。

自閉症スペクトラムが客観視するなら

発達障害の人が間違いや生き辛さをなくそうと思うなら、自分の考えや意見を優先するのではなく、周囲の意見を聞き入れる事が大切です。

 

「あなたの考え方はおかしい」

 

と言われても普段なら「私の何がおかしいの!」と反論してしまうのですが、そうではなく

 

普通の人はそう考えるんだ

 

と受け入れる事が出来れば、今までの自分では思いつかなかったような考え方が出来るようになってくるのです。

 

 

素直さ、謙虚さ、柔軟さを大切にしよう

 

きっとこのように書くと

 

私は出来てるけど・・・」

 

と思う人の方が多いかもしれません。

 

それがダメだと言われる所なのですが、気づかないってそんなものなんですよね(汗)

 

もし本当に出来ない事や分からない事を変えたいと思っているなら、あなたを思って意見してくれる人に対して

 

  • 素直に聞く
  • 謙虚に教わる
  • 柔軟性を理解する

 

これが出来れば少しずつ改善していくはずです。

 

客観視をする事は自閉症スペクトラムにとって非常に難しい事ですが、周囲の協力と自分の努力があれば良くなるのですから、聞き入れるようにしてみてくださいね!


スポンサードリンク



アスペルガーはセロトニンを増やそう

当サイトおすすめ!



関連ページ

自閉症スペクトラムは国語が苦手で算数が得意な理由
自閉症スペクトラムは国語が苦手で算数が得意な人が多いよう。物事の背景を読む事が苦手な自閉症スペクトラムな人にとって文章の意味を理解する事が難しく感じてしまうからなのでしょう。明確な答えの出やすい算数や数学は背景を読む必要がないからか、得意だという人が多いのは障害の特徴なのです。
自閉症スペクトラムがストレスを感じやすいのは仕方がない
自閉症スペクトラムの人がストレスを感じやすいのは脳の機能障害が原因なのですが、ある意味仕方がない事なのだそう。特に現代社会は誰もがストレスと戦っているのですが、そう考えるとアスペルガーは昔も今も変わりなくストレスを溜めてきたのかもしれません。ストレスを感じやすいシチュエーションを考えてみました。
自閉症スペクトラムは方向音痴で道を覚えられない
自閉症スペクトラムの人は方向音痴でなかなか道を覚える事が出来ないのですが、どこに行っても迷ってしまうのはアスペルガーの特徴の一つ。だからか、決まった道しか通らないのです。これは自閉症スペクトラムの特徴と言われるこだわりでもあるのですが道が分からない事も原因になっているのでしょう。
冷たいと言われる自閉症スペクトラムはどこが問題?
自閉症スペクトラムの人は冷たいと言われる事が大いのですが、実は自分が冷たいなどとは思っていない自閉症スペクトラム。自分なりには優しさを持って接しているのですが、それがどうも違う意味で捉えられてしまうからか上手く伝わっていないのでしょう。そんな冷たいアスペルガーの考え方です。
思い込みが激しい自閉症スペクトラムとの付き合い
自閉症スペクトラムの人は思い込みが激しく人の意見を一切聞き入れない事が多いのですが、そんな自閉症スペクトラムに辟易しているんですよね。言い出したら聞かない、話しを聞いてもくれない、どうすれば良いかお手上げ状態なのに接しなければならない状態は辛いもの。この思い込みはどうすれば改善するのでしょう。
自閉症スペクトラムがセロトニンを増やすサプリ
自閉症スペクトラムの人がストレスを溜めやすい理由の1つにセロトニンが欠乏している事が上げられます。そんなセロトニンを増やすサプリですが最近沢山出ていますよね?アスペルガーの私も色々試し実際飲んでどう変化があったのか?を書いてみたいと思います。ただサプリなので変化は人それぞれですが・・・
自閉症スペクトラムでも友達が欲しいと思う人もいる
自閉症スペクトラムの人はあまり友達が多くありません。これは人に対してそれ程興味を持たない特徴があるからなのですが、友達が欲しいと思うアスペルガーも沢山います。しかしコミュニケーションがあまり上手く出来ないからか、なかなか友達が出来ずに悩んでしまうのです。どうすれば自閉症スペクトラムは友達が出来るのでしょう。
友達を誘う事が苦手な自閉症スペクトラムと呼ばれる障害
自閉症スペクトラムは自分の方から友達を誘う事が苦手。これは過去の人間関係において断られた経験や嫌がられた経験があるからなのかもしれません。だからチャンスを逃してしまったり肝心な事が言えないなんて問題もあるのです。人を誘うには少しの勇気がれば出来るのですが・・・
自閉症スペクトラムは出来ない仕事と出来る仕事がある
自閉症スペクトラムは出来ない仕事と出来る仕事が両極端に別れます。これは自閉症スペクトラムだから誰もが同じという訳ではなく、同じ障害を持つ人でも向き不向きが違うのです。単純作業が得意な人や考える事が得意な人など、発達障害の仕事について考えてみます。