自閉症スペクトラムは大人でも食べ物の好き嫌いが激しい

自閉症スペクトラムは食べ物の好き嫌いが激しい

自閉症スペクトラムは大人になっても食べ物の好き嫌いが激しいのですが、これは子供の自閉症スペクトラムならなお更ストレートに好き嫌いが出てしまうのです。

自閉症スペクトラムは食べ物の好き嫌いが激しい 

栄養をつけるために一生懸命料理を作っても、

 

  • 野菜は嫌〜
  • お肉も嫌〜
  • お魚も嫌い〜

 

じゃあ食べなくていい!!だなんて怒ってしまった経験のあるお母さんも多いのではないでしょうか。

 

そしてこれは大人になっても変わる事がないのです。

アスペルガー症候群は味覚過敏で食べられない物がある

アスペルガー症候群の人は様々な感覚過敏を持っている人が少なくないのですが、これが味覚に出ると味覚過敏

 

私もかなり食べられない物があるのですが、単なる好き嫌いではなく受け付けられない味があるのはアスペルガーが原因になっているのでしょう。

 

定型発達の人でも好き嫌いはあるのですが、その数が半端なく多い・・・と考えると分かりやすいかもしれませんね。

 

食材の好き嫌いもそうですが、他にも合成調味料が苦手だったり香辛料が苦手だったりと、何がダメかは人それぞれ。

 

アスペだからって言い訳にならない・・・

 

と思われるかもしれませんが、味が苦手なのではなく何か変な感覚を口の中で感じてしまうのです。

 

こだわりの強さが邪魔をする事もある

発達障害の人は色々な部分でこだわりがありますよね?

 

実はこのこだわりも食べるという事にかなり関わってくる問題です。

 

ここ数年流行っている味覚に塩分とチョコレートの調和したお菓子などがあるのですが・・・

 

例えば

 

  • ポテトチップにチョコレート
  • 柿の種にチョコレート
  • インスタントラーメンにチョコレート

 

これらはまず口にしません。

 

もしかすると他でも書いたかもしれませんが、甘い物は甘い、塩分は塩分と別々に別れている味が合わさる事があり得ないと思ってしまうのです。

 

ここら辺が発達障害のこだわり

 

こうでなければならない!!

 

が全面に出てしまっているところなのでしょう。

 

 

新しい食べ物も受け付けにくい

また、毎年新しい野菜や魚介などが手に入るようになってきましたが、今まで見た事もない物を手に取る事はかなり稀なはずです。

 

ASの人は基本的に

 

同じ事を毎日繰り返す事で安心する

 

という特徴があるのですが、これが崩れる事が苦手なのです。

 

飲食店に行っても食べる物がいつも同じなのもそうですが、新しい事を受け入れられないのはASの特徴でなかなか直す事が出来ないのです。

 

 

嫌いな物を好きになるなら自発的

 

これを食べてみたら?

 

と言っても一切受け付けない事もあるのではないでしょうか?

 

私は40代になるまで実は山芋が食べられなかったのですが、それまで食べられなかった山芋をある時食べられるようになったのです。

 

幼少の頃から口うるさく食べろ食べろと言われても一切口にしなかったのに、自発的に手を伸ばしたのは色々な偶然が重なっての事でしたが、結果的には40数年たって口にする事が出来るようになったのです。

 

自閉症スペクトラムが食べ物の好き嫌いが激しいには味覚過敏やこだわりが原因ですが、気づけば食べられるようになっている物もあるので強制しなくてもいいのかもしれませんよ!


スポンサードリンク



アスペルガーはセロトニンを増やそう

当サイトおすすめ!



関連ページ

自閉症スペクトラムは国語が苦手で算数が得意な理由
自閉症スペクトラムは国語が苦手で算数が得意な人が多いよう。物事の背景を読む事が苦手な自閉症スペクトラムな人にとって文章の意味を理解する事が難しく感じてしまうからなのでしょう。明確な答えの出やすい算数や数学は背景を読む必要がないからか、得意だという人が多いのは障害の特徴なのです。
自閉症スペクトラムがストレスを感じやすいのは仕方がない
自閉症スペクトラムの人がストレスを感じやすいのは脳の機能障害が原因なのですが、ある意味仕方がない事なのだそう。特に現代社会は誰もがストレスと戦っているのですが、そう考えるとアスペルガーは昔も今も変わりなくストレスを溜めてきたのかもしれません。ストレスを感じやすいシチュエーションを考えてみました。
自閉症スペクトラムは方向音痴で道を覚えられない
自閉症スペクトラムの人は方向音痴でなかなか道を覚える事が出来ないのですが、どこに行っても迷ってしまうのはアスペルガーの特徴の一つ。だからか、決まった道しか通らないのです。これは自閉症スペクトラムの特徴と言われるこだわりでもあるのですが道が分からない事も原因になっているのでしょう。
冷たいと言われる自閉症スペクトラムはどこが問題?
自閉症スペクトラムの人は冷たいと言われる事が大いのですが、実は自分が冷たいなどとは思っていない自閉症スペクトラム。自分なりには優しさを持って接しているのですが、それがどうも違う意味で捉えられてしまうからか上手く伝わっていないのでしょう。そんな冷たいアスペルガーの考え方です。
思い込みが激しい自閉症スペクトラムとの付き合い
自閉症スペクトラムの人は思い込みが激しく人の意見を一切聞き入れない事が多いのですが、そんな自閉症スペクトラムに辟易しているんですよね。言い出したら聞かない、話しを聞いてもくれない、どうすれば良いかお手上げ状態なのに接しなければならない状態は辛いもの。この思い込みはどうすれば改善するのでしょう。
自閉症スペクトラムがセロトニンを増やすサプリ
自閉症スペクトラムの人がストレスを溜めやすい理由の1つにセロトニンが欠乏している事が上げられます。そんなセロトニンを増やすサプリですが最近沢山出ていますよね?アスペルガーの私も色々試し実際飲んでどう変化があったのか?を書いてみたいと思います。ただサプリなので変化は人それぞれですが・・・
自閉症スペクトラムでも友達が欲しいと思う人もいる
自閉症スペクトラムの人はあまり友達が多くありません。これは人に対してそれ程興味を持たない特徴があるからなのですが、友達が欲しいと思うアスペルガーも沢山います。しかしコミュニケーションがあまり上手く出来ないからか、なかなか友達が出来ずに悩んでしまうのです。どうすれば自閉症スペクトラムは友達が出来るのでしょう。
友達を誘う事が苦手な自閉症スペクトラムと呼ばれる障害
自閉症スペクトラムは自分の方から友達を誘う事が苦手。これは過去の人間関係において断られた経験や嫌がられた経験があるからなのかもしれません。だからチャンスを逃してしまったり肝心な事が言えないなんて問題もあるのです。人を誘うには少しの勇気がれば出来るのですが・・・
自閉症スペクトラムは出来ない仕事と出来る仕事がある
自閉症スペクトラムは出来ない仕事と出来る仕事が両極端に別れます。これは自閉症スペクトラムだから誰もが同じという訳ではなく、同じ障害を持つ人でも向き不向きが違うのです。単純作業が得意な人や考える事が得意な人など、発達障害の仕事について考えてみます。
客観視が出来ない自閉症スペクトラムの改善策
自閉症スペクトラムの人は自分を客観視する事が非常に苦手なのですが、それでも生きていく上では改善していかなければなりません。一人の力で出来る訳ではありませんが周囲の努力があれば少しずつ変える事が出来るようになるのです。自分を客観的に見る方法を考えてみました。