自閉症スペクトラムは建前が分からない

自閉症スペクトラムは建前が分からない

自閉症スペクトラムの人は建前が分からない人が多いのですが、もし建前が分かっていれば自閉症スペクトラムではないはず。

 

分からないと言うよりも、どの部分に本音を使いどの部分に建前を使って良いか?が分かっていないからなのかもしれません。

建前が分からない自閉症スペクトラム 

  • 相手を傷つけるつもりがなく
  • 悪気がある訳でもなく
  • 本当の事を言ったのに

 

と思っているアスペルガー症候群ですが、周囲に嫌われてしまうのは人間関係を円滑にするために必要な建前が仕えないからなのです。

心に思った事をそのまま言うアスペルガー

アスペルガーの私は人と話をしていても心に思った通りの言葉でしか話す事が出来ません。

 

定型発達の人は

 

こう言うと相手が傷つくだろうから言わないでおこう

 

と言った状況判断が出来るのですが、アスペルガーにはその考え方はほとんどありません。そのため素直に思った事を言ってしまうのですが

 

この言葉を言うと相手が傷つくかもしれない

 

といった考え方が出来ないのです。

 

ただアスペなりの配慮はしているので、全く出来ないか?と言われれば皆無ではないと言えるのですが、健常者の人が当たり前のように出来る程は出来ないはず。

 

そのため

 

  • 空気が読めない
  • 相手の気持ちを考えない

 

と言われてしまう事がるのです。

本音以外は嘘だと考える事がある

心で思った事全てを言っている訳ではないのですが、例えば

 

美味しくないのに美味しい

 

という事はなかなか言いにくい言葉かもしれません。

 

誰かにプレゼントを貰っても嬉しくなければ喜ばないと言われる発達障害ですが、嬉しくないのに何故喜ぶ必要があるか?が分からないのです。

 

しかし相手を落胆させようと思っている訳ではないので

 

「ありがとう」

 

程度の言葉は言えるはず。問題はそこから先の表情や態度なのですが・・・

 

喜ばない

感動しない

嬉しそうじゃない

 

そう見えるのは、ある意味素直な感情表現と言えるのかもしれません。

発達障害はもう少し相手の気持ちを考えよう

ASの人は相手の気持ちを考える事が非常に苦手なのですが、今よりも後一歩考える事が出来ると人間関係はかなり楽になってきます。

 

確かに分からない部分が分かっていないので難しいのですが

 

相手が嫌がる事は言わないようにする
何かをしてもらったら相手の気持ちに感謝する

 

こんなちょっとした事を変えるだけで生き辛さは楽になってくるのでしょう。

 

 

大人になれない発達障害

 

発達障害の人は脳機能が健常者の人のように発達していません。

 

しかし、時間をかけて習得する事で健常者の人と同じではなくても成長する事が出来るのです。

 

脳のどこかが発達していないのは仕方がない事。しかし勉強する気持ちがあれば改善する事が出来るのですから、諦めず積極的に取り入れていきたものですよね。

 

自閉症スペクトラムの人にとって建前が分からない事が多いのですが、本音と建前という考え方をしてみると良いのではないでしょうか。


スポンサードリンク



アスペルガーはセロトニンを増やそう

当サイトおすすめ!



関連ページ

自閉症スペクトラムは国語が苦手で算数が得意な理由
自閉症スペクトラムは国語が苦手で算数が得意な人が多いよう。物事の背景を読む事が苦手な自閉症スペクトラムな人にとって文章の意味を理解する事が難しく感じてしまうからなのでしょう。明確な答えの出やすい算数や数学は背景を読む必要がないからか、得意だという人が多いのは障害の特徴なのです。
自閉症スペクトラムがストレスを感じやすいのは仕方がない
自閉症スペクトラムの人がストレスを感じやすいのは脳の機能障害が原因なのですが、ある意味仕方がない事なのだそう。特に現代社会は誰もがストレスと戦っているのですが、そう考えるとアスペルガーは昔も今も変わりなくストレスを溜めてきたのかもしれません。ストレスを感じやすいシチュエーションを考えてみました。
自閉症スペクトラムは方向音痴で道を覚えられない
自閉症スペクトラムの人は方向音痴でなかなか道を覚える事が出来ないのですが、どこに行っても迷ってしまうのはアスペルガーの特徴の一つ。だからか、決まった道しか通らないのです。これは自閉症スペクトラムの特徴と言われるこだわりでもあるのですが道が分からない事も原因になっているのでしょう。
冷たいと言われる自閉症スペクトラムはどこが問題?
自閉症スペクトラムの人は冷たいと言われる事が大いのですが、実は自分が冷たいなどとは思っていない自閉症スペクトラム。自分なりには優しさを持って接しているのですが、それがどうも違う意味で捉えられてしまうからか上手く伝わっていないのでしょう。そんな冷たいアスペルガーの考え方です。
思い込みが激しい自閉症スペクトラムとの付き合い
自閉症スペクトラムの人は思い込みが激しく人の意見を一切聞き入れない事が多いのですが、そんな自閉症スペクトラムに辟易しているんですよね。言い出したら聞かない、話しを聞いてもくれない、どうすれば良いかお手上げ状態なのに接しなければならない状態は辛いもの。この思い込みはどうすれば改善するのでしょう。
自閉症スペクトラムがセロトニンを増やすサプリ
自閉症スペクトラムの人がストレスを溜めやすい理由の1つにセロトニンが欠乏している事が上げられます。そんなセロトニンを増やすサプリですが最近沢山出ていますよね?アスペルガーの私も色々試し実際飲んでどう変化があったのか?を書いてみたいと思います。ただサプリなので変化は人それぞれですが・・・
自閉症スペクトラムでも友達が欲しいと思う人もいる
自閉症スペクトラムの人はあまり友達が多くありません。これは人に対してそれ程興味を持たない特徴があるからなのですが、友達が欲しいと思うアスペルガーも沢山います。しかしコミュニケーションがあまり上手く出来ないからか、なかなか友達が出来ずに悩んでしまうのです。どうすれば自閉症スペクトラムは友達が出来るのでしょう。
友達を誘う事が苦手な自閉症スペクトラムと呼ばれる障害
自閉症スペクトラムは自分の方から友達を誘う事が苦手。これは過去の人間関係において断られた経験や嫌がられた経験があるからなのかもしれません。だからチャンスを逃してしまったり肝心な事が言えないなんて問題もあるのです。人を誘うには少しの勇気がれば出来るのですが・・・
自閉症スペクトラムは出来ない仕事と出来る仕事がある
自閉症スペクトラムは出来ない仕事と出来る仕事が両極端に別れます。これは自閉症スペクトラムだから誰もが同じという訳ではなく、同じ障害を持つ人でも向き不向きが違うのです。単純作業が得意な人や考える事が得意な人など、発達障害の仕事について考えてみます。
客観視が出来ない自閉症スペクトラムの改善策
自閉症スペクトラムの人は自分を客観視する事が非常に苦手なのですが、それでも生きていく上では改善していかなければなりません。一人の力で出来る訳ではありませんが周囲の努力があれば少しずつ変える事が出来るようになるのです。自分を客観的に見る方法を考えてみました。
自閉症スペクトラムは食べ物の好き嫌いが激しい
自閉症スペクトラムの人は食べ物の好き嫌いが激しい人が多いのですが、これには味覚過敏やこだわりが関係している可能性があるから。好き嫌いではなく受け付けられない味だったり、一度嫌だと思うとどうしても嫌だという思いが普通の人よりも強い傾向があるのです。
自閉症スペクトラムは嫌っている人がいる事を理解しよう
自閉症スペクトラムは自分が嫌われている事に気づくと人間関係がうまく行くのです。特にアスペルガーは身勝手と言われますが、相手に対する気遣いや心遣いが非常に苦手。そのため知らない間に相手を傷つけてしまう事があるのです。嫌われない方法を考えてみたいと思います。
自閉症スペクトラムは最強と言われるけど実は
自閉症スペクトラムは色々な意味を込めて最強だと言われる事がありますが、実は結構繊細な心を持っている人が少なくありません。常に悩み何かにおびえているアスペルガー。しかしその言動や態度から反省心がない、心臓に毛が生えているなどと思われてしまうのです。
人に興味がない自閉症スペクトラムは一人でも気にならない
自閉症スペクトラムの人は人に興味を持たない場合が少なくありません。そのため、友達が出来なくても一人でいる事があまり気にならないのですが、これの延長線上に引きこもりがあるのかもしれません。アスペルガーが考える人に対する興味とはどのようなものでしょう。
自閉症スペクトラムが納得しないのは理解してないから
自閉症スペクトラムの人と何度話をしてもなかなか納得してくれない事ってありませんか?これはアスペルガーが話している内容を理解してしなかったり受け入れられなかったりするからなのですが、自閉症スペクトラムの人は自分の考え方を突然変える事が非常に苦手なのです。