自閉症スペクトラムは大人でも理解出来ない事がある

自閉症スペクトラムは大人でも理解出来ない話しが沢山ある

自閉症スペクトラムは大人でも自分が理解出来ない話題を話されると何を言っているか理解出来なくなる事が多々あります。

自閉症スペクトラムは自分が理解出来ない話しが分からない

それは決して難しい言葉を使ったり内容ではななくても・・・会話が途切れてしまう。

 

特に自閉症スペクトラムにとって想定外の話題になるとこのような問題が増えるのですが、頭が真っ白になり何をどう答えてよいかが分からないのです。

 

こうなると当事者の頭の中はパニックを起こし始めるのですが、それが嫌味だったり怒り口調になる事が少なくないので、定型発達の人からすると付き合いにくい相手になってしまうのでしょう。

 

 

アスペルガー症候群にとって予想外の会話は難しい

 

アスペルガー症候群は何をするにも基本的にはルーティンワークを好む傾向にあります。

 

これは人と会話をする時でも同じなのですが、「こういえばこう返って来るだろう」という予想を反した返答が返ってくると当事者にとってのルーティーンではなくなるため答えられなくなってしまいます。

 

しかし人と会話をすると思っている答えとは異なる返答は決して少なくないですよね?

 

普通ならそれを自分なりに受け止めて返答出来るので会話が成立するのですが、これが出来ないからコミュ障などになってしまうアスペルガーも多いのではないでしょうか。

 

既に40代を過ぎた私が日常生活で会話をする人数はごくわずかです。

 

よくよく考えるとこのごくわずかの人達は想定外の会話をしてこない人たちばかりが残っているのですが、新たな人と付き合いを始める事がないのは分からない会話をされる事が嫌だという思いがあるからなのかもしれません。

 

 

発達障害が理解できる会話をすれば弾む事もある

 

理解出来ず頭がパニックになってしまうと、そこから先は何を言ってるかすら分からなくなってしまうのですが、もしこうなった時に定型発達の人が

 

「どこから分かってない?」

 

と質問すると、止まってしまった部分が分かるはずです。

 

私が知っているASDはパニックになっているのが一目瞭然の人が多いのですが、頷く事すらしなくなるので、こうなると分かっていないという事。

 

発達障害が何を考えているか分からないと言われる事は少なくありませんが、細かな態度や目線などを見ているとどこかに現れている事がしくなくありません。

 

そんな合図を見落とさなければ、話しは元に戻り時間はかかってしまいますがお互いが分かりあえる会話をする事が出来るのです。

 

自閉症スペクトラムはどうしても理解出来ない部分があると話しが分からなくなってしまう傾向が強いのですが、問題点さえクリアになれば分かってくれるので話しを進めず立ち止まる事をしてみて下さいね。

自閉症スペクトラムで悩んでいる人の気持ちはランキングから見つかります!

自閉症スペクトラムを勉強するならここから!

同じ問題を共有できる人を探すと心が楽になりますよ!


スポンサードリンク



アスペルガーはセロトニンを増やそう

当サイトおすすめ!





関連ページ

自閉症スペクトラムは国語が苦手で算数が得意な理由
自閉症スペクトラムは国語が苦手で算数が得意な人が多いよう。物事の背景を読む事が苦手な自閉症スペクトラムな人にとって文章の意味を理解する事が難しく感じてしまうからなのでしょう。明確な答えの出やすい算数や数学は背景を読む必要がないからか、得意だという人が多いのは障害の特徴なのです。
自閉症スペクトラムがストレスを感じやすいのは仕方がない
自閉症スペクトラムの人がストレスを感じやすいのは脳の機能障害が原因なのですが、ある意味仕方がない事なのだそう。特に現代社会は誰もがストレスと戦っているのですが、そう考えるとアスペルガーは昔も今も変わりなくストレスを溜めてきたのかもしれません。ストレスを感じやすいシチュエーションを考えてみました。
自閉症スペクトラムは方向音痴で道を覚えられない
自閉症スペクトラムの人は方向音痴でなかなか道を覚える事が出来ないのですが、どこに行っても迷ってしまうのはアスペルガーの特徴の一つ。だからか、決まった道しか通らないのです。これは自閉症スペクトラムの特徴と言われるこだわりでもあるのですが道が分からない事も原因になっているのでしょう。
冷たいと言われる自閉症スペクトラムはどこが問題?
自閉症スペクトラムの人は冷たいと言われる事が大いのですが、実は自分が冷たいなどとは思っていない自閉症スペクトラム。自分なりには優しさを持って接しているのですが、それがどうも違う意味で捉えられてしまうからか上手く伝わっていないのでしょう。そんな冷たいアスペルガーの考え方です。
思い込みが激しい自閉症スペクトラムとの付き合い
自閉症スペクトラムの人は思い込みが激しく人の意見を一切聞き入れない事が多いのですが、そんな自閉症スペクトラムに辟易しているんですよね。言い出したら聞かない、話しを聞いてもくれない、どうすれば良いかお手上げ状態なのに接しなければならない状態は辛いもの。この思い込みはどうすれば改善するのでしょう。
自閉症スペクトラムがセロトニンを増やすサプリ
自閉症スペクトラムの人がストレスを溜めやすい理由の1つにセロトニンが欠乏している事が上げられます。そんなセロトニンを増やすサプリですが最近沢山出ていますよね?アスペルガーの私も色々試し実際飲んでどう変化があったのか?を書いてみたいと思います。ただサプリなので変化は人それぞれですが・・・
自閉症スペクトラムでも友達が欲しいと思う人もいる
自閉症スペクトラムの人はあまり友達が多くありません。これは人に対してそれ程興味を持たない特徴があるからなのですが、友達が欲しいと思うアスペルガーも沢山います。しかしコミュニケーションがあまり上手く出来ないからか、なかなか友達が出来ずに悩んでしまうのです。どうすれば自閉症スペクトラムは友達が出来るのでしょう。
友達を誘う事が苦手な自閉症スペクトラムと呼ばれる障害
自閉症スペクトラムは自分の方から友達を誘う事が苦手。これは過去の人間関係において断られた経験や嫌がられた経験があるからなのかもしれません。だからチャンスを逃してしまったり肝心な事が言えないなんて問題もあるのです。人を誘うには少しの勇気がれば出来るのですが・・・
自閉症スペクトラムは出来ない仕事と出来る仕事がある
自閉症スペクトラムは出来ない仕事と出来る仕事が両極端に別れます。これは自閉症スペクトラムだから誰もが同じという訳ではなく、同じ障害を持つ人でも向き不向きが違うのです。単純作業が得意な人や考える事が得意な人など、発達障害の仕事について考えてみます。
客観視が出来ない自閉症スペクトラムの改善策
自閉症スペクトラムの人は自分を客観視する事が非常に苦手なのですが、それでも生きていく上では改善していかなければなりません。一人の力で出来る訳ではありませんが周囲の努力があれば少しずつ変える事が出来るようになるのです。自分を客観的に見る方法を考えてみました。
自閉症スペクトラムは食べ物の好き嫌いが激しい
自閉症スペクトラムの人は食べ物の好き嫌いが激しい人が多いのですが、これには味覚過敏やこだわりが関係している可能性があるから。好き嫌いではなく受け付けられない味だったり、一度嫌だと思うとどうしても嫌だという思いが普通の人よりも強い傾向があるのです。
自閉症スペクトラムは嫌っている人がいる事を理解しよう
自閉症スペクトラムは自分が嫌われている事に気づくと人間関係がうまく行くのです。特にアスペルガーは身勝手と言われますが、相手に対する気遣いや心遣いが非常に苦手。そのため知らない間に相手を傷つけてしまう事があるのです。嫌われない方法を考えてみたいと思います。
自閉症スペクトラムは最強と言われるけど実は
自閉症スペクトラムは色々な意味を込めて最強だと言われる事がありますが、実は結構繊細な心を持っている人が少なくありません。常に悩み何かにおびえているアスペルガー。しかしその言動や態度から反省心がない、心臓に毛が生えているなどと思われてしまうのです。
人に興味がない自閉症スペクトラムは一人でも気にならない
自閉症スペクトラムの人は人に興味を持たない場合が少なくありません。そのため、友達が出来なくても一人でいる事があまり気にならないのですが、これの延長線上に引きこもりがあるのかもしれません。アスペルガーが考える人に対する興味とはどのようなものでしょう。
自閉症スペクトラムが納得しないのは理解してないから
自閉症スペクトラムの人と何度話をしてもなかなか納得してくれない事ってありませんか?これはアスペルガーが話している内容を理解してしなかったり受け入れられなかったりするからなのですが、自閉症スペクトラムの人は自分の考え方を突然変える事が非常に苦手なのです。
建前が分からない自閉症スペクトラムは本音しかない
自閉症スペクトラムの人にとって本音と建前を使い分ける事は非常に難しい事。つい本音を言ってしまうのではなく、建前という概念を定型発達の人のように持っていないからなのでしょう。そのためその場の空気が読めなかったり相手を傷つけたりしてしまう事があるのです。
人を誘うのが苦手な自閉症スペクトラムは声をかけられない
自閉症スペクトラムは人を誘うのが苦手な人が多いのですが、人に声をかけるのも苦手な場合が少なくありません。決して人が嫌いという訳ではないのですが、どのタイミングで誘えば良いか?が分からないアスペルガーの人。どうすれば上手く誘う事が出来るのでしょう。
表情や感情が乏しい自閉症スペクトラムは理解されにくい
自閉症スペクトラムの人は表情や感情が乏しいので相手に気持ちが伝わらない事が多いのです。自分では笑顔になっているつもりでも、喜んでいるようには見えなかったり、いつも怒っているように見えてしまう。何を考えているか分からないと言われているのがアスペルガーの特徴なのです。
自閉症スペクトラムは自己主張している事に気づかない
自閉症スペクトラムと呼ばれる発達障害は大人になっても自己主張が強く周囲に迷惑をかける事が少なくありません。しかしアスペルガーの本人は自分が自己主張している事に気づかず、逆に気を使っているつもりでいるのです。自分を客観視する事が大切なのですが・・・
自閉症スペクトラムを大人になって検査し診断された
自閉症スペクトラムを大人になってから検査し診断された私。診断方法はWAIS-Vという方法だったのですが、検査結果から導き出された事はまさにアスペルガーの私が出来ない部分だったのです。もし発達障害を疑っているなら、この検査を受ける事は自分の苦手をしれるのです。
自閉症スペクトラムは友達が出来ない人が多い
自閉症スペクトラムは友達がなかなか出来ず悩んでいる事が多いのですが、どれだけのアスペルガーが友達を持っているのでしょう。学生時代からほとんど友達がいなかったアスペな私は大人になった今付き合っているのは1人だけ。上手く人と付き合えない障害なのです。
自閉症スペクトラムに指示するならはっきりと伝えよう
自閉症スペクトラムの指示の仕方が分からずついイライラしてしまうなんて事はありませんか?普通なら伝わる言葉が上手く伝わらず同じ事を何度も聞き返されてしまうなら自閉症スペクトラムが理解出来るような指示の仕方をしてみましょう。漠然とした言葉ではなくハッキリと伝えるのがポイントです。
不思議ちゃんと言われる自閉症スペクトラム
自閉症スペクトラムの人は不思議ちゃんと呼ばれる事があるのですが、定型発達の人から見ると理解出来ない行動や言動が多々あるのです。しかし本人は自分が普通だと思っている事が少なくなく、何故皆と同じように出来ないのか?で悩んでしまうのです・
写真に笑顔がない自閉症スペクトラムのアルバム
自閉症スペクトラムの人は子どもの頃のアルバムを見ると笑顔がない事が多いのですが、アスペルガーの私も小学生の頃の写真には殆ど笑顔がありません。自分では笑っているつもりなのか、楽しくなかったのかは分かりませんが、発達障害の人の特徴とも言えるのです。
自閉症スペクトラムの女性は転職を繰り返す傾向あり
自閉症スペクトラムは男性でも女性でも転職を繰り返してしまう傾向があります。アスペルガーの私も続いても3カ月が限界で、何度も転職を繰り返してきた経験があります。一番の問題は好きな仕事でも人間関係が上手く行かず結局辞めてしまう事が少なくないのでしょう。
自閉症スペクトラムな人は秘密を隠すのが苦手
自閉症スペクトラムな人は自分の秘密を隠すのが苦手です。と言うよりも、秘密にしなければならない事でも話してしまうというのが正しいかも。悪気なく普通なら言わない事を言ってしまうアスペルガーですが、周囲からすれば何故それを言うか?が理解されないのでしょう。
女性で軽度の自閉症スペクトラムは普通よりちょっと生き辛い
女性で軽度の自閉症スペクトラムな人は、普通の人よりもちょっとした生き辛さを感じています。そのちょっとの違いがアスペルガー症候群なのですが、社会生活がギリギリ出来るのが軽度。辛くてもなんとか生活が出来ているアスペルガーは沢山いるのです。
最近自閉症スペクトラムが増えているように思う現象
自閉症スペクトラムと呼ばれる発達障害が最近増えているの?とご相談頂いたのですが、実際は昔とはあまり変わっていないはず。皆がアスペルガーを知る機会が増え、また誰もが持っているような部分が問題になるため増えているように見えてしまうのです。
急によそよそしくなる自閉症スペクトラムの考え方
急に自閉症スペクトラムの人がよそよそしくなる事ってありますよね?つい昨日までは普通だったのに、突然何だか冷たく感じてしまう。これはアスペルガーの心の中に相手への何かを抱えているからなのですが、それを上手くごまかす事が出来ないからよそよそしくなるのです。
自閉症スペクトラムは本当の事を言わない?空気を読めない人達
自閉症スペクトラムは本当の事を言わないんじゃ?と言われる事がありますが、アスペルガーはその逆。本当の事しか言えない傾向が強いのです。嘘が苦手でつい言わなくても良い事を言ってしまうのがこの障害の特徴なのですが、では何故嘘を言うのでしょう。
仕事が覚えられない自閉症スペクトラムの問題
自閉症スペクトラムは仕事がなかなか覚えられず支障をきたす事があります。社会性の問題、人間関係の問題、柔軟性のなさなど、アスペルガー症候群は様々な出来ない事があるのですが、これが原因で仕事を辞めてしまう事も。どうすれば仕事が覚えられるのでしょう。
触られるのが嫌な障害と言えば自閉症スペクトラム
自閉症スペクトラムは触られるのが嫌だと感じる人が多い障害なのですが、ふと触られると「あり得ない!」という気持ちになる事があります。なので突然何も言わず誰かに触れられると拒絶してしまう事があるのですが、もし触るなら一言声をかけてくれるとかなりマシです。
人と目を合わせる事が苦手な自閉症スペクトラム
自閉症スペクトラムの人には沢山の苦手な事がありますが、人と目を合わせられないのもその一つ。アスペルガーによってその理由は変わるのですが、私が目を合わせられないのは、逸らすタイミングが分からないから。一度目を合わせてしまうと見続けてしまうからなのです。