自閉症スペクトラムにとって季節の変わり目は症状が悪くなる

季節の変わり目で悪化する自閉症スペクトラムの症状

季節の変わり目は誰もが体調を壊しやすいのですが、自閉症スペクトラムの症状が悪化しやすいと私は感じています。

 

春や秋はもちろんの事、夏や冬の気温の変化にも上手くついていく事が出来ず、時には二次障害と呼ばれる鬱病やパニック障害が酷くなる事があるのです。

 

気温などから体が受けるストレスを上手く回避する事が出来にくい自閉症スペクトラムなので、様々な症状が悪くなっても仕方がないのかもしれません。

 

 

春や秋は広汎性発達障害のメンタルが落ち込みやすい

 

障害を持つ人全てがという訳ではないと思いますが、私の場合春や秋はかなり体調を崩してしまう事があります。

季節の変わり目で悪化する自閉症スペクトラムの症状

一般的に春は木の芽時、秋は草枯れ時と呼ばれ、この時期に体調不良を訴える人は少なくないのですが、アスペルガー症候群の私も同じです。

 

気候の良い時期だと言われているのにも関わらず、イライラしたりウツウツしたりとどうも普段以上にストレスを感じてしまっているのです。

 

どのような症状が酷くなるかは年によって変わるのですが、今年は普段は滅多にない片頭痛が酷く薬を飲む日が増えています。

 

またヤル気などの気力がないのも、メンタル面がどうも落ち込みやすくなっているからなのですが、元気な時と元気でない時のアップダウンが激しいのが広汎性発達障害の特徴なのです。

 

 

発達障害は夏や冬の気温の変化を体が受け付けない

 

夏というよりも梅雨の季節が辛いのですが、湿気が多い日は普段は起こらない軽いプチ鬱やパニック障害の発作が起こってしまう日があります。

 

雨が降ると気圧の変化が激しくなるのですが、定型発達の人はこの変化を感じないんだそう。

 

しかしこの変化を過敏に体が察知してしまうからか、雨が降る前や降った後の気圧の変化で眠気や頭痛が生じる場合があるのです。

 

夏の暑さは体が苦手ではないからかそれ程気にならないのですが、冬の寒さはどれだけ経っても慣れる事が出来ないのも障害が関係しているのだと考えています。

 

そのため、毎年冬になると、私が運転する車は誰もが口を揃えて言うほど熱く、乗っていると気分が悪くなる程なのですが本人はいたって快適。

 

ASDやADHDでも冬が得意な人もいるので、同じ障害を抱えていても受け入れられる温度が違うのです。

 

 

温度や季節で障害を悪化させないようにするには一定の温度を保とう

 

どの温度が一番最適化?は人によって変わると思いますが、私の場合はだいたい24度前後です。

 

外出する際には外の温度をどうする事も出来ませんが、家にいる場合は基本的に快適だと思える温度設定を心掛けるようにするだけでも、体調が悪くなりにくいのです。

 

アスペな人は引きこもりやすい傾向があるのですが、これは外出した際の温度が苦手だと感じる事があるというのも原因の一つ。

 

そのため、自閉症スペクトラムで季節の変わり目に障害が悪化していると感じるなら、一度適温を考えてみるのがおすすめです。

自閉症スペクトラムで悩んでいる人の気持ちはランキングから見つかります!

自閉症スペクトラムを勉強するならここから!

同じ問題を共有できる人を探すと心が楽になりますよ!


スポンサードリンク



アスペルガーはセロトニンを増やそう

当サイトおすすめ!





関連ページ

自閉症スペクトラムは統合失調症になる事がある
自閉症スペクトラム人は統合失調症を患う事があります。これはアスペルガー症候群の二次的障害と言われるものなのですが、これが酷くなると生活に支障をきたしてしまう事もあるのです。しかし発達障害の人はストレスが多く簡単に治るという訳ではないのが大きな問題です。
自閉症スペクトラムの合併症に多いチック症(トゥレット)
自閉症スペクトラムな人に多い合併症の一つにチック症(トゥレット障害)と呼ばれる物があります。これは大人のアスペルガーにも多くみられる症状で、アスペの私もこのチック症を持っています。どのような状態になるとこの症状が酷くなるか?を書いてみたいと思います。
自閉症スペクトラムとチック症(トゥレット障害)
自閉症スペクトラム人はチック症もしくはトゥレット障害と呼ばれる症状が合併している事が少なくありません。特にアスペルガーには多いのですが、私もチック症が原因でアスペだと知りました。自分の力ではどうする事も出来ないチックですが、どのような状態になると酷くなるかを書いてみたいと思います。
自閉症スペクトラムで不安が強いならサプリがおすすめ
自閉症スペクトラム人は精神的に不安定な事が多く、またストレスを溜めてしまいやすいため精神不安になりやすい傾向にあります。精神科で抗不安薬を処方してもらう程でもないけど、不安が強いなと感じるならセロトニンを増やすサプリを試すと良いですよ!
自閉症スペクトラムでどもり(吃音)がある
自閉症スペクトラムでどもり(吃音)がある私。昔からスムーズに言葉が出ない事が多々あったのですが、アスペルガーだと分かり何故どもってしまうのか?が自分なりに分かるようになりました。もしアスペルガーで吃音があるなら、落ち着いて考えるとかなりマシになります。
自閉症スペクトラムの精神的な辛さは二次障害
自閉症スペクトラムの人は精神的な辛さを感じる事が少なくありませんが、これは二次障害と呼ばれるうつ病などが原因になっている事が少なくありません。ストレスを溜めやすいアスペルガーにとってうつ病や不眠などは普通にある事。そのためセロトニンを増やす必要があるのです。
引きこもりがちな自閉症スペクトラムな女性の気持ち
引きこもりがちになりやすい自閉症スペクトラムな女性は、何等かの二次障害を患っている場合が少なくありません。しかし引きこもりだけでうつ病などがない事も少なくなく、単に人に会いたくなかったり人と接したくない事もあるのです。自宅から出ないアスペルガーは何故引きこもってしまうかを考えてみました。