自閉症スペクトラムで不安が強いならサプリを試して!!

自閉症スペクトラムは不安を感じやすい

自閉症スペクトラムの人は何かと不安を感じやすいのですが、これは生まれた時から不安をなくすセロトニンと呼ばれる脳内物質が少ないから。だからストレスにも弱いのですが、自閉症スペクトラムで精神的に辛いと感じているならサプリを試すのがおすすめです。

自閉症スペクトラムで不安を感じるならサプリがおすすめ 

私もアスペルガー症候群特有の不安障害などがあるのですが、デパスや抗不安薬なんかを処方してもらいつつサプリを飲んでいるのですが、最近は良いサプリがあるんですよね♪

アスペルガーで不安が強い時のサプリの選び方

私は20年程の間、デパスと呼ばれる薬を飲んで過ごしてきました。

 

しかしやはり飲み続ける事に不安を感じていたので、ある時からサプリを探し始めたんです。

 

アスペルガーって何かが良い!なんて聞くとトコトンまでこだわって探してしまうのですが、最終的に自分に合う物を見つけるまでにかなりの人体実験をしました(汗)

 

そのおかげで良い物に巡り合えたのですが、何よりもこだわったのは中身。

 

 

毎日飲むサプリだから材料が気になる

 

アスペルガーの人って嫌だと思うと一切受け付けないという変なこだわりがありますよね?

 

私も同じで一つでも嫌だと思うと、どれだけ口コミが良くても体がと言うか心が受け付けないんです。

 

何よりも一番気にして探したのは素材。

 

毎日飲むんですからやっぱり極力天然成分で出来てる物じゃないと飲みたくないと思っていました。

 

またアスペな私はかなり長い間デパスを飲んでいたのですが、直ぐに辞めるという事は出来ない・・・

 

だから薬と併用して服用しても大丈夫!という安心出来る物を探したのです。

不安をなくすためにはセロトニンを増やそう

脳の三大物質の一つ、セロトニンと呼ばれるホルモンは別名幸せホルモンと呼ばれているのですが、アスペな人はこれがかなり減少しているのだそう。

 

上手く分泌する事が出来ず、なのに様々なストレスを感じてしまうので常にセロトニンが使われているから足りていない状態なんです。

 

このセロトニンは人間の体の中で勝手に作ってない物質なのですが、ある物を体内に入れるとそこから作られる・・・それは

 

トリプトファンとビタミンB6

 

これらが入っているサプリを見つけられれば、これだけで幸せホルモンを作る事が出来るのです。

 

普通の食べ物の中でもバナナなどはトリプトファンもビタミンB6も入っているので、嫌いじゃなければ食べると良いんですよ♪

 

 

どのサプリでも良いという訳ではない

 

あくまでも健康補助食品なので合う合わないは人それぞれです。

 

だからASの私もかなりの種類を試してきました。

 

理想は薬の減薬、薬と一緒に飲みながら最終的には断薬が出来るような物。なので

 

  • 天然素材で出来ている
  • 薬と併用出来る
  • 飲みやすい

 

この三点に的を絞って探していました。

やっと見つけた不安をなくしてくれるサプリ

精神的な安定や不安をなくす物となると・・・不眠やゆっくり休めるとうたわれている物が多いんです。

 

夜が眠れない不眠にも実はセロトニンが大きくかかわっていて、眠れない原因はドーパミンが多くなっているから。

 

このドーパミンを抑えるのはセロトニンの役割なのですが、イライラしたり不安を感じるとセロトニンを使ってしまうので、ドーパミンを抑える程残っていないんです。

 

だから不眠を改善するにもセロトニンが必要不可欠になってしまうのです。

 

 

サプリを飲み始めてから

 

1年以上もの間、セロトニンを増やす様々なサプリを探していました。

 

最終的に見つけたものはドリンクタイプで、天然成分で出来ていて、抗不安薬なんかを飲んでいても併用出来る物。

 

飲み始めて数日で体が楽になり、1か月もすれば感じていた不安を殆ど感じなくなったのには驚きました。

 

あくまでも栄養補助食品なので即効性は期待出来ないかもしれませんが、私にとってはかなり即効性があると感じられました。

 

私の場合は発達障害と呼ばれるASなので定型発達の人以上に効き目は薄いのかもしれませんが、それでも飲み始めてから日常生活がかなり楽になりました。

 

もしあなたが自閉症スペクトラムや発達障害で、精神的に不安が強いと感じているなら参考にして下さいね。

 

私が今でも飲んでいるサプリの感想はこちらに書いています!!

発達障害の家族や子供の家庭に!健康増進と予防改善するならこちら

スポンサードリンク



アスペルガーはセロトニンを増やそう

当サイトおすすめ!




自閉症スペクトラムで悩んでいる人の気持ちはランキングから見つかります!

自閉症スペクトラムを勉強するならここから!



関連ページ

自閉症スペクトラムは統合失調症になる事がある
自閉症スペクトラム人は統合失調症を患う事があります。これはアスペルガー症候群の二次的障害と言われるものなのですが、これが酷くなると生活に支障をきたしてしまう事もあるのです。しかし発達障害の人はストレスが多く簡単に治るという訳ではないのが大きな問題です。
自閉症スペクトラムの合併症に多いチック症(トゥレット)
自閉症スペクトラムな人に多い合併症の一つにチック症(トゥレット障害)と呼ばれる物があります。これは大人のアスペルガーにも多くみられる症状で、アスペの私もこのチック症を持っています。どのような状態になるとこの症状が酷くなるか?を書いてみたいと思います。
自閉症スペクトラムとチック症(トゥレット障害)
自閉症スペクトラム人はチック症もしくはトゥレット障害と呼ばれる症状が合併している事が少なくありません。特にアスペルガーには多いのですが、私もチック症が原因でアスペだと知りました。自分の力ではどうする事も出来ないチックですが、どのような状態になると酷くなるかを書いてみたいと思います。
自閉症スペクトラムでどもり(吃音)がある
自閉症スペクトラムでどもり(吃音)がある私。昔からスムーズに言葉が出ない事が多々あったのですが、アスペルガーだと分かり何故どもってしまうのか?が自分なりに分かるようになりました。もしアスペルガーで吃音があるなら、落ち着いて考えるとかなりマシになります。
自閉症スペクトラムの精神的な辛さは二次障害
自閉症スペクトラムの人は精神的な辛さを感じる事が少なくありませんが、これは二次障害と呼ばれるうつ病などが原因になっている事が少なくありません。ストレスを溜めやすいアスペルガーにとってうつ病や不眠などは普通にある事。そのためセロトニンを増やす必要があるのです。
引きこもりがちな自閉症スペクトラムな女性の気持ち
引きこもりがちになりやすい自閉症スペクトラムな女性は、何等かの二次障害を患っている場合が少なくありません。しかし引きこもりだけでうつ病などがない事も少なくなく、単に人に会いたくなかったり人と接したくない事もあるのです。自宅から出ないアスペルガーは何故引きこもってしまうかを考えてみました。
季節の変わり目は自閉症スペクトラムが悪化しやすい
自閉症スペクトラムにとって季節の変わり目は発達障害が悪化しやすい傾向にあります。40歳を過ぎてアスペルガー症候群と診断された私は、昔から特に春や秋そして梅雨の季節は鬱やパニックが酷くなり、夏や冬はその気温についていくのが非常に難しいのです。